smallroom

253 写真とカメラと

写真とカメラと

職業柄工事写真というものを撮る事が多かったので写真が趣味の人とは多少異なると思います
工事の進捗状況を写真に収める事が仕事で一日に最低でもフィルム1本多い時には5・6本の写真を撮っていました
今はデジタルなのでだいぶ様変わりしましたが
自分が現役で写真を撮っていた頃は毎月の写真の現像代が10万円を超える月もありフィルムも100本箱買いしてました
勿論全ての写真が使える訳でもなく1・2割程度の没写真もあってそれを減らす為には仕事を覚えないといけない
写真が少なすぎてもダメだし予算もあるので撮りすぎるのもダメ
他の人はどうなのか知りませんが自分は案外性に合っていたのか?あまり苦にならなくて写真を撮るのが結構好きでした。
デジタルになって写真を撮る緊張感は無くなりましたが、ネガからデータに変わったのでデータの管理がとっても大変です
ただ撮ればいいという訳でなく写真には工事用の黒板を入れて作業の状況が分かりやすく撮らないといけないのですが
工事を綺麗に写す構図みたいなものがあってそれが自然と叩き込まれたような気がします
カッコよく言えば職人さんのようとでも言っときましょうか(余程写真が得意ですみたいな文章になってますが…)


b0132834_0312626.jpg

自分は写真を撮るぞってカメラを持つのが苦手で
相手にカメラを意識させないで自分勝手に撮るのが大好きです
上手な人の写真をみてあー本当に上手いよなーって思います
自分には真似も出来ないなぁ自分勝手な写真が多いなーって
[PR]
by small_room | 2010-05-28 00:00