smallroom

202 Architectural Charter for a Global Environment

Architectural Charter for a Global Environment
地球環境・建築憲章

1.建築は世代を超えて使い続けられる価値ある社会資産となるように、企画・計画・設計・建設・運用・維持される
  (長寿命)
2.建築は自然環境と調和し、多様な生物との共存をはかりながら、良好な社会環境の構成要素として形成される
  (自然共生)
3.建築の生涯のエネルギー消費は最小限に留められ、自然エネルギーや未利用エネルギーは最大限に活用される
  (省エネルギー)
4.建築は可能な限り環境負荷の小さい、また再利用・再生が可能な資源・材料に基づいて構成され、建築の生涯の資源消費は
  最小限に留められる
  (省資源・循環)
5.建築は多様な地域の風土・歴史を尊重しつつ新しい文化として創造され、良好な成育環境として次世代に継承される
  (継承性)


b0132834_17443964.jpg

只今猛勉強中058.gif
[PR]
by small_room | 2009-07-25 00:00