smallroom

121 でこぽん

現在進行中の仕事がようやく引渡しになります。

鉄骨ALC造三階建ての賃貸住宅
忙しくてあまり管理できなかったのですが
腕のいい職人さん達のおかげで
満足のいく仕上がりの建物ができました。

と言いつつも手直し補修が多少ありました
大工さんに手直しに来てもらったときに
大きな『でこぽん』を頂きました。
大工さん曰く貰ったから食べるならと言う事でしたが
大きなでこぽん12個が一つ一つをビニールで丁寧に包んであって
わざわざ持ってきてくれたようでした
とてもおいしくてその気持ちも嬉しくて。

人との繋がりで成り立つ職種の建築
誰が欠けても良い建物は出来ないなと感じました。

職人さんは監督さんに頭が上がらない
監督さんは施主には頭が上がらない
そんなことは誰でもわかる事なのですが

ある分譲マンションの建設現場があって
職人さんに威張り散らす監督さんがいて
その監督さんは施主(デベロッパー)に威張り散らされて
デベロッパーはマンション購入のお客さんに頭が上がらない
そのお客さんは現場で汗を流した職人さんだった
という笑えない話があるんだよと
以前、勤めていた会社の上司に教わったのを思い出しました。

どんな職種の人でも自宅に帰って子供がいれば尊敬されるお父さんなんだから
けなしたり、馬鹿にするな、威張ったからといっていいことは無い
とも話してくれたかな?

いい話でしょ037.gif
[PR]
by small_room | 2009-03-18 00:00